日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、7月8日、同社のハードウェアを基盤としたシステム構築を手がける販売パートナー/ユーザー企業向けの検証センター「オラクル・ソリューション・センター」をリニューアルオープンした。

 「オラクル・ソリューション・センター」は、東京を含む世界の11か所にある。今回、日本オラクル本社のある「オラクル青山センター」に移設してリニューアルした。電源・空調設備を刷新し、ネットワーク・インフラの高速化を実現。さらに、エンジニアド・システムズなどの大型機器設置・拡張を容易に行うことができる環境を整備した。

 センターのリニューアルに合わせ、クラウド環境の構築やビッグデータ利活用に向けたエンジニアド・システムズや、オラクルのハードウェアとソフトウェア製品の統合検証サービスを充実させ、検証作業の短縮化・簡素化を図る。

 新たに用意した検証メニューは、データベース(DB)マシン「Oracle Exadata」と「Sun ZFS Storage Appliance」の検証、「SPARC」サーバーとオラクルのビジネス・インテリジェンス製品の検証、オラクルのデータベースとオラクルのストレージ製品の検証。(ゼンフ ミシャ)