ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(根岸正人社長)は、8月5日、米ガートナーのレポート「Magic Quadrant for Unified Threat Management」で、2013年マジッククアドラントのUTM(統合脅威管理)分野の「リーダー」として格付けされたと発表した。

 レポートでは、「リーダークアドラントには、中堅規模企業の要件に応えるUTM製品を製造/販売する最前線のベンダーが選定されている。また、リーダーの条件として、中堅規模企業の利用ケースを網羅する幅広い製品モデルを保有し、操作性に優れた管理やレポートなど広範な機能をサポートしていることが挙げられる」と定義している。

 レポートでは、リーダークアドラントのベンダーを「自社のセキュリティ製品で脆弱性の排除に尽力し、信頼性、安定したスループット、管理の容易性がすぐれていることなどが特徴として挙げられる」と評価。ガートナーは、UTM市場が第一世代のテクノロジーからの移行、新興市場でのSMB企業の成長に支えられ、引き続き成長していくと予測している。

 ウォッチガードは、これに先立ち、中立の立場にあるMiercomが実施したパフォーマンステストで、UTMアプライアンス「XTM850」がすべての標準セキュリティ機能を有効にした状態で、同価格帯競合製品の約3.5倍の速度を達成していた。

 ウォッチガードのUTMセキュリティアプライアンスシリーズは、業界先端のパフォーマンスに加え、ベストオブブリードのセキュリティツールを提供。さらに、柔軟で一元管理を実現するツールやウェブベースのユーザーインターフェースを備え、中小規模から大規模企業まで、迅速・容易に導入でき、ネットワークの安全を監視できる。