ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は、6月11日、ソネットビジネスアソシエイツ(SBA、清水雅章社長)が提供する法人向け次世代ICTソリューション「NURO Biz(ニューロ・ビズ)」のセキュリティサービスに、導入支援やオンサイトサポートを含むウォッチガードの包括的なセキュリティソリューションが採用されたと発表した。

 「NURO Biz」は、すぐれた通信環境によってビジネスを強力にサポートする法人向けICTソリューション。ウォッチガードのUTMファイアウォールや付随する包括的なサービスが、「NURO Biz」のネットワークセキュリティサービス「NUROセキュリティ」の統合脅威管理(UTM)サービスとして採用された。

 「NUROセキュリティ UTM」は、1台のアプライアンスに複数の最新セキュリティ機能を統合したウォッチガードのファイアウォールによって、ウイルス、不正アクセス、サーバー攻撃、迷惑メール、スパイウェアなど、複合型の脅威から顧客のネットワークを保護する。また、高速インターネット接続サービス「NUROアクセス」と併用することで、コストを削減し、運用負荷を軽減する。

 さらに、高度なセキュリティと高いスループットを実現するウォッチガードのUTMファイアウォール(アプライアンスタイプ)を含む包括的なサービスを提供。このほか、UTMファイアウォールの導入、設置、保守、監視、レポートまで、ワンストップで提供し、高効率・低コストのセキュリティ対策を実現する。