ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は、6月13日、ネットワークセキュリティ製品のサービスを拡充し、Microsoft Hyper-Vを用いた仮想化環境に対応すると発表した。

 ウォッチガードはMicrosoft Partner Networkの正式メンバーであり、今回、XTMv仮想アプライアンス統合脅威管理(UTM)の仮想化環境として新たにHyper-Vを追加した。2013年第3四半期には、XCSvコンテンツセキュリティソリューションも同様にサポート環境を拡張する予定で、仮想化環境でのセキュリティに関する懸念を解消し、安全な仮想化環境の活用を支援する。

 ウォッチガードのXTMvとXCSv仮想アプライアンスは、マネージドセキュリティサービスプロバイダ(MSSP)によるパブリッククラウド、IT部門が管理するプライベートクラウド、オンプレミス型のネットワークセキュリティソリューションなどのさまざまな仮想化環境に対応し、運用・管理に必要となるツールや可視化ツールを提供している。今後、Hyper-Vを利用するユーザーは、同社が提供するネットワーク、メール、ウェブ、コンテンツセキュリティを含む、包括的なマルチレイヤでの防御システムを利用することができる。