ATENジャパン(劉維賢代表)は、8月22日、HDMIアップスキャンコンバータ「VC1080」と、PC・スマートフォン切替器「CS533」を8月8日に発売したと発表した。

 「VC1080」は、入力側のデバイスとして、コンポジット/コンポーネント/Sビデオ/VGA/HDMIに対応した機器を接続して、リモコンで選択したデバイスの信号を変換し、HDMIディスプレイに出力するコンバータ。アップコンバート機能を搭載しているので、入力機器の解像度を使用ディスプレイの解像度に合わせて出力できる。セミナーや会議室、イベント会場、中継室などのように、インターフェースが混在する新旧デバイスを統合して運用する際に最適だ。

 「CS533」は、手持ちのUSBキーボード・マウスからスマートフォンやタブレット端末を操作する際の切替器。ふだんPCを操作しているUSBキーボードやマウスを使ってスマートフォン/タブレット端末を操作するとき、ホットキー操作一つでキーボード・マウスの信号をBluetooth HIDプロファイルに変換し、Android/iOSなど、Bluetooth HIDプロファイルに対応したデバイスを操作することができる。

 対応デバイスは、一度「CS533」に登録すれば、PCをシャットダウンしても本体がペアリングを記憶する。また、PCポートに切り替えてもBluetooth側の接続を維持し、シームレスな切替を実現する「サクサク切替モード」で、ストレスフリーな操作環境を提供する。税別価格は、「VC1080」が6万6000円、「CS533」が8000円。