エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、9月5日、米インテルが提供する最新版のインテルコンパイラや分析ツールなどをバンドルした開発ツール・スイート「インテル Parallel Studio XE」と「インテル Cluster Studio XE」のアップデート版「バージョン 2013 SP1」の販売を開始した。

 「インテル Parallel Studio XE 2013」は、インテル C++/Fortranコンパイラ、パフォーマンス分析ツール、エラー検出ツール、スレッド化アドバイザー、パフォーマンス・ライブラリーがバンドルされた総合開発パッケージ。最新バージョンの「2013 SP1」では、Linux版に続き、Windows版でもインテル Xeon Phiコプロセッサをサポートした。また、パフォーマンス、最適化機能がさらに向上した最新のインテル コンパイラ 14.0をバンドル。OpenMP 4.0規格に対する広範なサポートを追加し、C++11規格、Fortran 2003/2008規格のサポートを拡張した。

 「インテル Cluster Studio XE 2013」は、クラスターシステム向けの総合開発パッケージ。「インテル Parallel Studio XE 2013」にバンドルされている製品に加えて、MPI-2.2に準拠して12万プロセスまでのスケールを広げることができる「インテル MPIライブラリー」と、クラスタシステム全体の性能解析を行う「インテル Trace Analyzer/Collector」がバンドルされている。

 価格は、「インテル Parallel Studio XE 2013 Windows版/Linux版」が37万6950円、「インテル Cluster Studio XE 2013 Windows版/Linux版」が48万3000円。