Skyは、9月2日、医療機関向けIT機器管理システム「SKYMEC IT Manager」の販売を開始した。

 院内業務のIT化や患者数の増加に伴って、病院経営で課題になっている個人情報の管理をはじめ、コスト削減、IT機器の安定運用などの解決を支援するシステム。病院のITシステム担当者へのヒアリングなどを通して、医療現場で役立つ機能を搭載。効果的なIT機器管理を支援する。

 「USBメモリなどの紛失、管理ミスの防止を支援(デバイス管理)」「離席時のPCのログオフし忘れを防止(ログオフし忘れ防止機能)」「ソフトウェアのアップデート漏れを防止(定期再起動設定)」「PCの異常を検知し、予備機への予防交換に対応(異常端末検知/故障時端末入替)」などの機能を備える。

 IT機器をはじめ、ソフトウェア資産やUSBメモリ、ネットワーク機器など、幅広いIT資産を一元管理して効率的な運用管理をサポート。管理画面では、機能ごとにわかりやすく整理したアイコンを、すぐ見つかるように操作のカテゴリで分類している。さらに、ユーザーが製品を安心して活用できるように、導入前から導入後まで充実したサポートサービスを提供する。