キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、浅田和則社長)は、Sky(大浦淳司代表取締役)と協業し、8月1日、企業のクライアント機器上のウイルス・スパイウェア対策を効率的に管理する連携ソリューションの提供を開始した。

 ESET製品の国内総販売代理店であるキヤノンITSは、法人向け総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」と、ウイルス・スパイウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」について、Skyが提供するクライアント運用管理ソフト「SKYSEA Client View」で効率的に一元管理できるよう、Skyと協同で製品間連携を実現。「ESET Endpoint Protection シリーズ」「SKYSEA Client View」の販売代理店を通じて提供する。

 これまでも「SKYSEA Client View」は「ESET Endpoint Protection シリーズ」のウイルス定義データベースの情報収集・表示に対応していたが、連携ソリューションは、これに加えて「SKYSEA Client View」からウイルス定義データベースのリモート更新やウイルススキャンのリモート実行、「SKYSEA Client View」でウイルスが検知されたクライアントの特定、ソフトウェアのリモート・インストール/アンインストールなどの機能連携を実現した。

 これによって、ESETのクライアント管理用プログラム(ESET Remote Administrator)を利用しなくても、簡易的に「SKYSEA Client View」の管理機から「ESET Endpoint Protectionシリーズ」の管理ができる。