Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.8.2」を6月24日に発売した。

 「SKYSEA Client View」は、使いやすさを追求し、IT資産管理・ログ管理・デバイス管理・ポリシーに沿った運用支援などの機能をオールインワンで提供する運用管理ソフト。クライアントPCだけでなく、オフィスのIT機器を一元管理することができる。最新バージョンでは、Mac端末のログ管理に対応。既存の資産管理、デバイス管理、リモート操作機能とあわせて、Macの運用管理がしやすくなった。

 また、通信データを圧縮することで、管理画面の起動スピードを高速化。インターネット経由での資産情報収集に対応するなど、今まで以上に多様な環境で使うことができる商品を目指した。さらに、WSUS(Microsoft Windows Server Update Services)と連携し、業務に支障のない休日深夜に定期的な適用を行うなど、更新プログラムの適用スケジュールが管理できるようになった

 このほか、ウェブブラウザによる操作ログやアラート状況の確認、端末モジュールやソフトウェアの導入を自動化、指定した日時・範囲で機器情報を定期的に収集するといった機能強化を行った。