Skyは、コンピュータ教室の授業や運用を支援するICT活用教育支援ソフトウェアの最新版「SKYMENU Pro Ver.15」を6月に発売する。

 Skyは、「SKYMENU Pro」を通して、情報教育の重要な学習の場となるコンピュータ教室の授業を支援してきた。最新版の「Ver.15」では、コンピュータ教室の一人1台の環境特性を生かし、子どもたちに何度も試行錯誤させながら、自分の考えをまとめさせたり、全体で共有したりする。また、子どもたちの伝える活動を支える機能を新たに搭載した。

 さらに、ユーザー管理による利用者ごとの目的に合わせた運用や、校内ネットワークに接続したコンピュータの運用管理を支援。タブレット対応授業支援ソフトウェア「SKYMENU Class」とあわせて利用することができるので、同じ校内サーバーで運用でき、ユーザー管理などを一元化できる。また、新たにサーバーを構築する必要がなく、運用・メンテナンスの手間を軽減する。

 価格はオープン。全国の文教関係のメーカーと販売代理店を通して、主に小学校、中学校、高等学校、大学などを対象に販売する。