講談社(野間省伸社長)と日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、講談社発行の百人一首を題材にしたマンガ『ちはやふる』のAndroid端末向けアプリケーション「ちはやふる百人一首」のGooglePlayでの無料提供を開始した。NSWのAndroidコンバートサービスを採用して、スマートフォンでのスムーズな操作性と高速動作を実現している。

 Androidアプリ「ちはやふる百人一首」は、人気マンガ『ちはやふる』の世界観をそのままに、競技かるた(百人一首)をスマートフォンで楽しむことができる。本格的な競技かるたに加え、マンガに登場するキャラクターたちとの対戦機能や百人一首の実力がわかる昇級試験機能など、ゲームを楽しみながら百人一首を学ぶことができる。

 Androidアプリに採用されたNSWのコンバートサービスは、従来型携帯電話向けのモバイルアプリを自動でAndroid端末向けのアプリに変換するサービスで、コンバート後は、アプリの特徴に合わせて柔軟に機能拡張やカスタマイズができる。描画機能の最適化やユーザビリティの向上、さらには移植作業の効率化や開発期間・コストの低減も実現する。