日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、家電製品を遠隔制御し、エネルギーを効率化するHEMSソリューション「ENESMA Home」の提供を6月に開始する。

 「ENESMA Home」は、NSW製のタブレット型「スマートコントローラ」を利用することで、家電メーカーに関係なく通信プロトコルのECHONET Lite(エコーネットライト)に対応するあらゆる家電メーカーの機器をつなぐソリューション。機器のモニタリングやコントロールをすることで、エネルギーの流れをリアルタイムで把握し、効率的な省エネを実現する。

 スマートフォンやタブレット端末にHEMSアプリケーションをインストールして、スマートリモコンとして利用することもできる。今後は、NSWのクラウドサービス「BlueSpider」と連携し、外出先から自宅の家電が操作できるようにする。

 NSWは、2012年に工場向けエネルギー管理システム「ENESMA」を提供。「ENESMA Home」のサービス開始にあたっては、住宅メーカーなど各方面へスマートソリューションを提供し、エネルギー消費の効率化をサポートする。今後、家庭用医療機器や健康サポート機器、ホームシアターやデジタルオーディオ機器との連携、クラウドソリューションと連携した子どもや高齢者の位置情報把握など、サービスの拡充を目指す。