NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、9月12日、コンタクトセンターの運営を見える化するソリューション「CTBASE/SignalPro」の大型ディスプレイのタブレット端末対応版を発売した。

 これまでのパトライトとLEDボードに加えて、大型ディスプレイとタブレット端末に対応。利用環境や目的に応じて、最適な表示デバイスを選択できるようになった。ユーザーインターフェース(UI)は各種デバイス向けに最適化しているので、ユーザーはリアルタイムに視覚で運営状況を確認することができる。コンタクトセンターを離れていて、急なコール増や応答率の低下などで対策が必要なときには、タブレットで即時に状況を確認して適切な指示を出すことができる。

 業務(スキル)ごとの応答率、待ち呼数、待ち時間など、複数の管理指標に対応。大型ディスプレイやタブレット端末、LEDボードへの表示項目を情報システム管理者やシステム開発会社に依頼することなく、運営管理者が簡単・即時に設定を変更できるので、導入後のメンテナンスコストや運用稼働を大幅に低減する。

 コンタクトセンターシステムは、「AVAYA」に加えて国産の「CTstage」との連携に対応する。参考価格は、大型ディスプレイ表示モデルが98万円から。NTTソフトウェアは、16年度末までに5億円の売り上げを目指す。