NTTデータカスタマサービス(佐々木康志社長)は、NTTソフトウェア(山田伸一社長)が開発したスマートフォン向けセキュリティ・ソリューション「ProgOffice」の代理店契約を締結し、7月25日に提供を開始した。

 「ProgOffice」は、スマートフォンをシンクライアント化して、電話の発着信履歴や電話帳データ、メールをスマートフォン内に残さない企業向けの情報漏えい対策ツール。スマートフォンアプリケーションと企業内に設置するサーバーで構成する。アプリケーションは、サーバーを通じてデータを閲覧する。通話料の公私分計や管理部門の電話帳一元管理ができるので、BYOD促進ツールとしても、コスト削減策としても有効なソリューション。スマートフォンの紛失・盗難対策や、アプリケーションの管理などのセキュリティ機能も備える。

 代理店契約の締結によって、NTTデータカスタマサービスは、「ProgOffice」をプリインストールしたサーバーハードウェアの提供と同時に、全国のサービス拠点を活用して、システム全体を通して安定したシステムを提供する。一方、NTTソフトウェアは、全国に多くのサービス拠点をもつNTTデータカスタマサービスと連携することによって販売体制の強化を図り、ユーザー企業のモバイル環境のセキュリティ確保を支援する。