セイコーエプソン(碓井稔社長)は、業務用インクジェットプリンタ「SureColor」の新商品として、同社として初めてTシャツやポロシャツ、トートバッグなどの綿製品に直接プリントできるガーメントプリンタ「SC-F2000」を11月1日に発売する。

 エプソンのインクジェット技術は、一般家庭やプロフェッショナルフォト分野での写真印刷をはじめとして、サイン・デザイン業界でも信頼を集め、最近では布地に柄などをプリントするテキスタイル印刷などの捺染分野でも注目されている。「SC-F2000」は、この技術をTシャツやポロシャツなどのウェアプリント業務向けのプリンタとして応用し、新たに投入するもの。

 多色を使ったイラストや写真の表現も、フルカラーで高画質プリントができる。さらに、本体・プリントヘッドの高い耐久性を実現した。パソコンからデジタルデータをTシャツ・ポロシャツなどの綿衣類やトートバッグに直接プリントするので製版の必要がなく、短納期で生産が可能で、小ロットの場合でも低コストでプリントできる。

 本体の高い信頼性に加えて、誰でも簡単に操作できるソフトウェア「Garment Creator」を無償提供し、運用までを支援するサポート体制も整備した。税別価格は168万円。セイコーエプソンは、今後1年間で75台の販売を予定している。