フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、法人向け独自ブランド「Biz-Force」で販売している「TV会議録画Station」に、Ciscoの「TelePresence SX20 Quick Set(SX20)」対応モデル「TV会議録画Station for SX20」を追加し、9月下旬に発売する。

 長時間の高画質録画に対応しながらも、従来モデルの機能と使い勝手はそのままに、Cisco「SX20」のような「自局音声ミキシング機能をもたないTV会議システム」への対応として、自局音声ミキサーとミキシング機能、録音用の集音マイクセットを追加し、「SX20」に完全対応した。

 税別価格は、従来モデルから据え置き、2bay 1TBモデルが48万円、4bay 3TBモデルが58万円、4bay 6TBモデルが68万円、4bay 9TBモデルが78万円。サポートサービスは、標準で1年間のセンドバック保守(電話・メール対応 サポートデスク付)が付帯するほか、別売のメニューとして先出しセンドバック保守(3年・5年)とオンサイト保守(3年・5年)を用意している。