フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、1000VAの大容量に対応したCyberPower製のUPS「PR1000 JP」を、7月中旬に発売する。

 「PR1000 JP」は、スチール製素材のきょう体を採用し、1000VAの大容量に対応したUPS。出力波形が正弦波に対応しているので、ノイズを抑え安定した電力を供給することができ、サーバーやNASへの接続に適している。GreenPower UPSテクノロジーを採用することによって、通常運用時の放熱と電力消費を大幅に抑え、エネルギー効率を改善し、消費電力を大幅に抑えることができる。

 LCDディスプレイから各種ステータスを容易に確認できる。本体からLCDパネルを取り外してサーバー機器の横に置き、常に電力状態を確認できる。製品保証は、標準で3年間センドバック保証がついており、導入後も安心して利用できる。

 QNAP社TurboNASとの動作確認済みで、万が一の電源トラブル時には、UPSと連動して安全にNASをシャットダウンする。税別価格は3万8000円。