日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、10月1日、オープンプラットフォーム「IBM Power Systems」上でLinuxとオープンソース技術を組み合わせて、ビッグデータ、クラウド、モバイル、ソーシャルのアプリケーション開発を加速するために、東京の晴海事業所内に「IBM Power Systems Linuxセンター」を開設した。

 国内の独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やシステムインテグレーター(SIer)、オープンソースのソフトウェア開発者を対象に、「IBM Power Systems」上でLinuxを活用する開発環境を提供する。また、ポーティング支援や技術セミナーを開催し、オープン技術を活用したアプリケーション開発の推進を図る。センターの開設は、中国・北京、米・ニューヨーク、米・オースティン、仏・モンペリエに続き、世界で5か所目。

 センター利用の第一号として、ミラクル・リナックスとプロマークに対して、オープンソース・ソフトウェアを活用したアプリケーションの「IBM Power Systems」上でのLinux対応の支援を実施した。

 ミラクル・リナックスは、「MIRACLE LINUX V6 for IBM POWER」の共同検証を完了。今後、日本IBMのセンターを使い、エンタープライズ用途に特化した統合的なシステム監視ソリューション「MIRACLE ZBX」シリーズなどの検証を予定している。プロマークは、オープンソースのソフトウェアを活用したアンチウィルス・ソフトウェアの「ProScan AntiVirus」シリーズの検証を完了し、10月1日に販売を開始した。(ゼンフ ミシャ)