アクロニス・ジャパン(村上督代表取締役)は、10月1日、バックアップ・リカバリソリューションの最新版「Acronis vmProtect 9」を発売した。

 VMware vSphereによって構築された小規模仮想環境に最適なバックアップ・復元ソリューション。最新版では、簡単セットアップ、迅速バックアップと復元などの従来のメリットに加え、複数の新機能を追加することで、コスト効率にすぐれたバックアップ・復元環境を提供する。

 マイクロソフトの各種アプリケーションバックアップ機能を搭載。さまざまなマイクロソフトのアプリケーションを認識し、ディスクとアプリケーションを統合的にバックアップができるようになった。また、集中管理ダッシュボードを搭載し、一つのvmProtectの管理ウェブページから複数の「Acronis vmProtect 9」エージェントにアクセスすることができるようになった。

 さらに、「Acronis vmProtect 9」エージェントの構成ファイルのエクスポートとインポートを実現。仮想アプライアンスとWindowsマシンにインストールしたエージェント間での設定移行にも対応している。

 税別価格は、ライセンス版、オンライン版、パッケージ版とも6万円(1CPU/1ライセンス)。