その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>東北歴史博物館 バックアップの確認作業を効率化 浮いた時間を震災後の文化財レスキューに活用

2012/10/11 21:03

週刊BCN 2012年10月08日vol.1451掲載

 宮城県多賀城市の東北歴史博物館(今泉隆雄館長)は、2011年6月、情報システムの全面刷新をきっかけとして、データバックアップをテープからハードディスクを使用するRDXに変更し、アクロニス・ジャパンのバックアップ製品「Acronis Backup & Recovery Server for Windows」と「Acronis Backup & Recovery Server for Linux」を導入した。不具合が頻発していたテープをRDXに置き換えることによって、管理する資料のバックアップを強化した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

アクロニス、最新バックアップ製品を東北歴史博物館に納入

アクロニス・ジャパン、DRやデータ保護の統合ソリューション「Acronis Backup & Recovery 11」

「アクロニス世界障害復旧指標:2012」から読み解く、日本企業のバックアップ・DRの現状と課題

外部リンク

アクロニス・ジャパン=http://www.acronis.co.jp/