サイボウズ(青野慶久社長)は、クラウドサービス「cybozu.com」の契約企業が、10月3日時点で5000社を突破したと発表した。2011年11月の提供から2年弱、2012年5月の1000社突破から17か月での達成となる。

 サービス開始当初は中小企業の契約が多かった「cybozu.com」だが、最近は大企業からの契約も増えてきたという。大規模企業向けグループウェアサービス「Garoon on cybozu.com」を契約中のユーザー企業にアンケートを実施したところ、大企業でもクラウドを前提とした導入検討が多く、モバイルやタブレット端末への対応に魅力を感じている企業が多いことがわかった。また、サービス試用から導入までのプロセスが、ウェブサイト上の手続きで完結する手軽さも評価されている。

 なお、サイボウズは、11月8日に自社イベント「cybozu.com conference 2013」を開催。中小企業から大企業、海外など、さまざまな切り口から、クラウドやモバイルの活用事例や利用者の声を紹介する。