日立システムズ(高橋直也社長)は、10月15日、セキュリティソリューションブランド「SHIELD」のメニュー強化として、サイバー攻撃や各種セキュリティインシデントへの対策を強化するために企業・団体内での設置が増えている“組織内CSIRT”の運用を支援する「SHIELD クラウドCSIRTサービス」の提供を開始した。

 1996年から提供するセキュリティソリューションやSOC(Security Operation Center)運用で培ったノウハウを、顧客の組織内CSIRT運用で活用できるサービス。SOCで、顧客内の情報システムなどに関わるぜい弱性情報、外部からの攻撃予測情報や緊急性の高い脅威情報、顧客に対する風評などの情報提供や、情報システムなどで発生したセキュリティ侵害やマルウェアの分析・対策・情勢判断支援を行う。

 また、顧客のシステムを日立システムズのSOCで預かり、顧客の要請に応じて設定変更などの対策を行う各種対策サービス、システムのぜい弱性を洗い出す診断サービスなど、関連する高度セキュリティサービスをワンストップ化することで、突発的なインシデント発生にもリアルタイムで対応できる。

 価格は個別見積もり。日立システムズは、官公庁・自治体、社会インフラなど、公共性・公益性の高い事業者を中心に、「SHIELD クラウドCSIRTサービス」をセキュリティソリューション「SHIELD」の各種サービス、連携する「仮想化統合監視・運用サービス」によるマネージドセキュリティ分野のサービスとともに積極的に拡販し、15年度末までに累計2億円の販売を目指す。