東芝ソリューション(河井信三社長)は、10月16日、東芝と共同開発した「鉄道輸送計画ICTソリューションSaaS(TrueLine)」を東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)に納入し、10月1日に運用を開始したと発表した。

 ゆりかもめが運用を開始したのは、列車のダイヤを検討するうえで基準となる運転時分を求める「運転曲線作成サービス」。地上設備条件(曲線、勾配、トンネル等)や車両条件(編成、電動機、ブレーキ性能等)をもとに、速度・ブレーキなどの条件を入力し、自由度の高い画面操作で運転曲線を作図することで、駅間の走行状況をグラフで表示する。

 これまで運転曲線の作図には、運転理論にもとづいて複雑な計算を行い、手作業で作図していたため、専門知識と多大な労力が必要だったが、サービスを利用することで画面操作だけで作図できるようになる。

 エネルギー消費量も算出できるのでエネルギー削減量の予測ができ、別サービスの「基本ダイヤ作成サービス」と連携することで、省エネダイヤも実現する。

 ゆりかもめへの納入を皮切りに、今後、東芝ソリューションは東芝と共同で鉄道事業者に向けて「基本ダイヤ作成サービス」「乗務員/車掌運用作成サービス」「車両割当サービス」「構内作業計画サービス」「GIS運行監視サービス」を含むトータルな輸送計画システムを提案していく。海外の鉄道事業者にも利用できるよう、多言語に対応しているので、クラウドの特徴を生かして、海外鉄道事業者に日本のすぐれた鉄道運行ノウハウを低価格で提供していく。