日立製作所(日立、中西宏明社長)は、10月23日、企業などの複数拠点・部門で発生するデータを自動的にデータセンター(DC)内のストレージに集約し、一元管理と効率的な利活用を実現する独自のクラウドストレージソリューション「Cloud on-Rampソリューション」を強化すると発表した。

 コストやストレージの設置場所などの制約によって、従来は「Cloud on-Rampソリューション」の導入が難しかった中堅・中小企業(SMB)などへの拡販に向けて、各拠点・部門に設置して、クラウド環境の入り口(Cloud on-Ramp)として機能し、DC内のストレージへデータを自動集約する専用小型端末「Hitachi Data Ingestor(HDI)」を開発した。「Cloud on-Rampソリューション」を基盤として、クラウドストレージサービスを提供するパートナー企業を対象に、10月25日に提供する。

 これによって、パートナー企業を通じて、数人程度の小規模な拠点・部門を有する企業や、ストレージの管理者がいないSMBのクラウドストレージシステムの導入を促進する。また、オンデマンドリストア、コンテンツ共有などの機能によって、拠点・部門レベルでのデータの効率的な利活用、災害などへの対応を支援する。