データ分析のブレインパッド(草野隆史社長)と日立製作所(日立、中西宏明社長)が、ビッグデータ事業で協業する。マーケティング領域で、日立グループのユーザー企業にデータ分析・活用サービスを提供する。

 両社は、ビジネスインテリジェンス(BI)やビジネスアナリティクス(BA)など、各種ソフトウェア製品に、ブレインパッドのデータ分析専門家(データサイエンティスト)によるコンサルティングを組み合わせて提供。ユーザー企業はデータ分析を踏まえて、マーケティング施策を立案し、消費者の趣味・嗜好に合ったサービスの提供ができるようになる。

 ブレインパッドと日立は、共同展開によって、2017年3月末までに国内で約20億円の売り上げを目指す。(ゼンフ ミシャ)