NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、NTTデータの決済サービス「eBAgent」への接続パッケージ「BankingGate for eBAgent」の新機能の販売を、11月1日に開始する。

 従来、複数の日数を要していた口座間資金移動のリアルタイム化を実現する企業向けの資金管理・決済ソリューション「BankingGate」シリーズの一つ。主に、保険・証券・クレジット業界向けとして多数の実績がある決済サービス「ANSER-CLA」への接続パッケージ「BankingGate」の、「eBAgent」接続対応版となる。

 財務・会計・経理部門の業務担当者が使いやすく、管理しやすい機能を追加。とくに「ジョブ管理機能」では、銀行口座への振替/振込や口座の入出金明細情報の取得などの業務をジョブとして登録し、時間を指定しておくことで自動で実行することができる。

 これまでの画面デザインを一新し、「見やすい」「親切」をコンセプトに、業務担当者が容易に利用できる設計にした。また、安全に利用するためのセキュリティ機能も強化。これまでも、資金管理について複数部門での利用を一元化することができたが、今回、不正操作などのリスクを低減するセキュリティ機能を強化している。