IDCフロンティア(中山一郎社長)と、映画・テレビのポストプロダクションを手がける東映ラボ・テック(中山正久社長)は、共同で高速分散レンダリングとデータ共有ができる映像制作支援プロジェクトをパブリッククラウド上に構築し、制作会社向けに発売した。

 これまで映像制作業界では一般的だった制作会社側でのレンダリング処理環境の機器拡充が不要になり、大量のレンダリング処理でも、必要なときに必要な量のレンダリング環境を手軽に手に入れることができる。第一弾として、10月にテレビ朝日系列で放映を開始した「仮面ライダー鎧武(ガイム)」の制作現場で利用されている。

 東映ラボ・テックは、2012年にクラウドを活用した映像制作支援プロジェクトを開始。運用実績のなかで改善を加え、レンダリングの分散処理に新たにパブリッククラウドを採用し、本格運用を開始した。

 IDCフロンティアは、映像制作業界特有のレンダリングデータの受け渡しやレンダリング処理の負荷の増減を踏まえ、必要なときにリソースを得ることができるパブリッククラウドと専用の高速ネットワークでシステムを東映ラボ・テックと共同で構築。データの集約効果と処理能力の向上を実現した。(ゼンフ ミシャ)