IDCフロンティア(真藤豊社長)は、外気空調方式の採用によってエネルギー使用を削減する大規模DC「白河データセンター(DC)」(福島県白河市)の1号棟が2012年9月に竣工し、10月1日に稼働を開始したと発表した。

 白河DCは、拡張余力の乏しい都市型DCからの大型移設需要に対応するもので、災害に備えた首都圏以外でバックアップやデータの広域分散を実現する。

 サーバーから出る熱を冷やす空調システムには、冷涼な外気をサーバールームに取り込んで冷却する外気空調方式を採用。データセンター内の排熱の上昇気流を利用しながら、温湿度に応じて全量の外気導入から内部循環まで、複数の空調モードをコンピュータ制御によって自動運転して、最適な環境を維持する。

 1号棟は約600ラック。IDCフロンティアは、DC需要が増えることを見込んで2号棟(600ラック規模)の増設を決定した。今月に着工し、2013年9月末の竣工を目指す。今後も需要に応じてモジュールを追加し、敷地内に6棟以上の建設を予定している。(ゼンフ ミシャ)

白河データセンターの1号棟