ニュース

IDCフロンティア、北九州DCの5号棟が稼働、ラックの移設需要を狙う

2013/04/24 18:31

 IDCフロンティア(中山一郎社長)の福岡県北九州市の省エネ型データセンター(DC)群「北九州データセンター(アジアン・フロンティア)」5号棟が4月に竣工し、5月1日に稼働を開始する。

 北九州DCは、2008年9月に1号棟が竣工し、この4月に5号棟が完成した。新たな設計によってサーバーの高集積に対応し、全棟で10万台以上のサーバーを収容することができる。

 災害に備えた首都圏以外でのバックアップやディザスタリカバリ(災害時のデータ復旧)での利用に加え、拡張余力の乏しい都市型DCからのラックの移設先としての用途を想定している。

 IDCフロンティアは、西日本側にDCのメインサイトを構える移設需要が好調に推移していると捉えて、北九州DCをクラウドコンピューティングやストレージサービスの西日本拠点として展開する。(ゼンフ ミシャ)

北九州DCの5号棟。新しい設計によってサーバーの高集積を実現
  • 1

関連記事

IDCフロンティア、大規模DC「白河データセンター」が稼働

IDCフロンティア 急ピッチでDCを拡大 次世代型の外気冷却を採用

IDCフロンティア、北九州市のDC「アジアン・フロンティア」で5号棟を増設へ

<BCN DataCenter Meeting 2012> 「データセンター」のいまと次代への足がかり

<いまさら聞けないキーワード>データセンター

外部リンク

IDCフロンティア=http://www.idcf.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>