BCN(佐藤敏明社長)は、10月20日、茨城県小美玉市の「太平洋クラブ&アソシエイツ美野里コース」で、IT業界関係者のゴルフ大会「第35回BCN杯」を開いた。BCN関係者を含め、24人が参加した。当日は、ラウンド開始直後に雨が降り出すあいにくの天候で、ハーフを回ったところで終了となったが、各選手は、肌寒い秋雨を吹き飛ばす熱い戦いを繰り広げた。

キング・テック
王遠耀
社長
 優勝したのは、キング・テックの王遠耀社長だった。グロス41(ハンデ17)、6パーという好スコアを記録した。王社長は「今日はことごとくパターが決まったのが勝因」と、自らのラウンドを振り返った。王社長には、BCNの佐藤社長から深紅のチャンピオンジャケットが贈られた。

 準優勝は、菱洋エレクトロの田辺正昭・執行役員システム情報機器営業第1本部長で、グロス44/ネット33(ハンデ22)。3位は、ベストグロス賞を獲得したアプレッソの長谷川礼司会長で、グロス40/ネット34(ハンデ12)だった。


24人のBCN杯参加者。雨天に激闘を繰り広げた