日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、スマートフォンやタブレット端末、SNSを活用し、O2O(オンライン・トゥ・オフライン)マーケティングを実現する小売向けソーシャルCRM(顧客情報管理)サービス「ReBee」をクラウドで発売した。

 顧客個人の趣味や嗜好に合ったクーポンなどの情報を発信したり、その利用履歴を把握したりするサービス。クーポンなどの使用状況をキャンペーン別にトレース分析して、商業施設や店舗のO2Oマーケティングを支援する。カスタマイズすれば、タブレット端末でのクレジット決済や電子スタンプカードの利用もできる。ユーザー企業は、ユーザー数や事業の規模に応じてシステムを利用でき、初期導入費のコスト低減や運用の負荷軽減を図ることができる。

 エンドユーザーは、スマートフォンに無料のアプリケーションをダウンロードするだけでクーポンの受け取りができるようになり、会員カードの利便性が向上する。

 価格は、初期費用(初期設定や導入支援作業)が個別見積もり。サービス利用料は、月額52万2900円から。日立ソリューションズは、今後もO2Oやオムニチャネルによる企業のマーケティング活動を支援し、関連事業で15年度までに30億円の売り上げを目指す。