日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、最適な帳票出力システムを提供する「基幹系プリントソリューション」で、10月1日、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスから複合機やモバイルプリンタなどWindows対応プリンタに帳票を出力できる「モバイルプリントソリューション」を発売する。

 「モバイルプリントソリューション」は、スマートデバイス向けのプリンタ共通基盤をモバイルプリントサーバー上に構築し、業務システムやプリンタの種類を問わず、スマートデバイスから複合機やモバイルプリンタなどWindows対応のプリンタへの帳票出力を実現。ユーザー企業は、導入時に業務システムの改修やスマートデバイス用のプリントアプリケーションの開発が不要となり、費用負担を軽減することができる。

 Google Play/App Storeから無料の専用アプリケーションをダウンロードして、設定するだけで利用できる。また、業務システムの印刷機能で、モバイルプリントサーバーに登録したプリンタへ印刷を指示することによって、営業店や出張先の複合機、モバイルプリンタなど、任意のプリンタから帳票を印刷することができる。

 価格は個別見積もり。日立ソリューションズは、「モバイルプリントソリューション」で、スマートデバイスからの帳票出力におけるコンサルティングからシステム導入、構築までを支援。今後、「基幹系プリントソリューション」のメニューの充実を図り、企業やユーザーの利用環境に応じた最適な帳票出力システムやプリンタ環境を提供する。