日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、標的型サイバー攻撃による不正侵入、データの詐取、破壊、改ざんや、SNSへのアクセスによる情報漏えいなどを防ぐソリューションの提供を11月14日に開始した。従来、ウイルスや通信パターンの高速確認、アプリケーションの高速識別をすることができなかったHTTPSによる暗号化通信に対して、通信速度を停滞させることなく検査・防御する。

 ソリューションは、米A10 Networksの高速ロードバランサー「A10 Networks(A10)AXシリーズ」と、米Palo Alto Networksの次世代ファイアウォール「Palo Alto Networks PAシリーズ(PAシリーズ)」を組み合わせたもの。

 「A10 AXシリーズ」独自のSSLインターセプト機能を用いて、処理速度を低下させることなくHTTPSに潜む情報漏えいを防止する。企業ネットワークとインターネットの境界に「PAシリーズ」を挟むかたちで「A10 AXシリーズ」を設置することによって、「A10 AXシリーズ」でHTTPS通信データを復号し、「PAシリーズ」で平文によるウイルスの侵入検知や防御、特定の通信パターンの検出、アプリケーション識別によるポリシー制御などの詳細な検査を実施する。また、再び「A10 AXシリーズ」で暗号化して通信をすることで、処理速度を低下させることなく、暗号化された通信の分析や検査を実行する。

 「A10 AXシリーズ」と「PAシリーズ」の組み合わせでSSLインターセプト機能の機能確認と性能試験を行い、機能面に問題がないこと、期待する性能が得られることを確認している。

 モデルケースの価格は、「A10 AXシリーズ AX1030」が499万8000円(2台)、「Palo Alto Networks PAシリーズ PA-3020」が289万8000円。導入/構築サービスは個別見積もり。

 日立ソリューションズは、「A10 AXシリーズ」と「PAシリーズ」を組み合わせた「ハイブリッドインテグレーション」を、高度なセキュリティが求められるキャリア、データセンターや大規模ネットワークを保有する製造業、官公庁、金融業などを中心とした幅広い業種に向けて提供。システム開発、保守費を含めて、今後3年間で10億円の販売を目標としている。