日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、11月5日、インターネットから利用できるGIS(地理情報システム)基盤環境を提供する「空間情報クラウドサービス」を発売した。

 「空間情報クラウドサービス」は、サーバーやOSなどのクラウド基盤、地図コンテンツ(電子地図、航空写真、衛星画像など)、GISのAPIを提供し、利用者の要望に応じてカスタマイズできるGISを、運用管理も含めてワンストップで利用できるサービス。利用者は、地図や位置情報を活用した各種サービスを、ユーザーに対して短期間で提供することができる。

 日立ソリューションズは、1990年にGIS事業に着手。企業が蓄積する業務データを地図上に展開して可視化し、業務を効率化するエンタープライズ型地理情報システム「GeoMation」を開発し、さまざまな業種の企業に提供してきた。「空間情報クラウドサービス」は、これまでの「GeoMation」導入の経験と実績をもとに、顧客ニーズを反映したもの。

 クラウドサービスで提供するので、GISシステムの初期導入や運用のコスト、管理面での負担を軽減。GISエンジン上のソフトウェア開発や他システム連携を支援する多数のAPIで、開発負担も軽減する。

 標準モデルの価格は、初期設定費用が42万円、10ユーザー利用料が年間252万円。標準モデルは、日立グループが提供するクラウド基盤「SecureOnline」、GISエンジン、「ゼンリン地方詳細地図 関東地域」の利用を前提としている。日立ソリューションズは、今後「空間情報クラウドサービス」をGISを活用して農業・流通業などのサービス事業者や一般企業、自治体向けに展開する。