オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、11月11日、福岡で「奉行フォーラム 2013」を開催した。フォーラムは10月2日の静岡会場からスタートし、全国15か所で開催中で、この日の福岡会場には目標を上回る約600人が来場した。OBCの担当者によると、「当社が福岡で行った主催イベントでは、過去最大の来場者」という。

来場者でにぎわった展示会場

 フォーラムのテーマは、「将来像がイメージできるパッケージソリューション展示会・セミナー」。展示では、業種別・業務別などにエリア分けして、業務ソフトウェア製品群「奉行シリーズ」やパートナーのソリューションを紹介した。

「業務別」「業種別」「中堅・グループ企業」などにエリア分けして商材を展示

 また、消費税改正や「Windows XP」のサポート終了、「Windows 8」への対応など、来場者がもつ疑問や不安に対して専門のシステムコンサルタントが個別に答える相談ゾーンも設置した。

商談コーナーはすべて満席。来場者がOBCの担当者に熱心に相談する姿が目立った

 セミナー会場では、福岡の税理士が、「消費税アップ対策セミナー」と題して基調講演。消費税改正が施行される2014年4月1日までに確認すべき経過措置や、税務実務、システム面での影響や留意点に関して解説した。OBCの担当者は、「予想を上回る約300人から事前にお申込みをいただき、机と椅子を増やした」といい、来場者の消費税改正に対する関心の高さをうかがわせた。

セミナー会場も満席。とくに消費税対策に関する講演が好評を博した