ニュース

リンクとエーティーワークス、「at+link専用サーバサービス」に新マシンを追加

2013/12/03 18:40

 リンク(岡田元治社長)とエーティーワークス(伊東孝悦社長)は、12月3日、共同で展開している国内最大級のホスティングサービス「at+link」で、「at+link専用サーバサービス」のオリジナルマシンであるATシリーズの新ラインアップとして、インテルの次世代CPUを搭載した「AT01-G2」の提供を開始した。

 CPUにインテルが開発した第4世代Intel CoreプロセッサのHaswellを搭載。パフォーマンスと省電力性能を向上しながら、熱による故障などのリスクを減少させたことで、高負荷のウェブサービスの運用などにも利用しやすくなった。

 税別価格は、初期費用が13万円、月間利用料が1万9000円から。2台目以降の月間利用料は1万4000円から。
  • 1

関連記事

リンクとエーティーワークス、ホスティングサービスのサーバー監視機能を強化

リンクとエーティーワークス、専用サーバーサービスに低価格マシンを追加

リンクとエーティーワークス、プライベートクラウドを最大2か月無償で提供

リンクとエーティーワークス、障害発生のリスクを軽減する監視サービス

リンク、世界初のクレジット産業に特化したクラウドサービス

外部リンク

リンク=http://www.link.co.jp/

エーティーワークス=http://www.atworks.co.jp/

「at+link」=http://www.at-link.ad.jp/

「at+link専用サーバサービス」=http://www.at-link.ad.jp/dedicated/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>