リンク(岡田元治社長)とエーティーワークス(伊東孝悦社長)は、7月17日、両社が共同で展開するホスティングサービス「at+link」の「at+link専用サーバサービス」とパブリック型IaaSの「at+linkクラウド」で、「プレミアム監視」の標準監視間隔を15分から5分へと変更した。

 「at+link」では、監視サービスとして、ユーザーのネットワークやサーバーへの応答状況を確認する「死活監視」や、CPUの温度、システム(M/B)温度、CPUのファン回転数、システムファンの回転数、電源電圧などを定期的に記録し、設定した閾値にもとづいて監視する「ハードウェアモニタリングシステム」を標準提供。さらにオプションサービスとして、死活監視だけでは対応できないプロセスやリソースなどを監視する「プレミアム監視」を提供している。

 「プレミアム監視」の標準監視間隔を5分にしたことで、閾値を超えたときや障害が発生したときなどを迅速に検知して、早期に復旧対応を取ることができるようになった。