大塚商会(大塚裕司社長)とシスコシステムズ(シスコ、平井康文社長)は、12月12日、中堅・中小企業向けに、外出先や離れたオフィス、取引先相手とでもストレスなくタイムリーにコミュニケーションできるユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューション「UCスタータープラン」の販売で協業すると発表した。

 協業によって、シスコは、大塚商会向けに、小規模からUCを始められるハードウェア、ソフトウェアを提供。大塚商会は、シスコ製品に独自のサポートサービス「たよれーる」をセットにして主に中堅・中小企業向けに提供していく。

 「UCスタータープラン」は、「Web電話帳(見つける)」「ビジネスチャット(相談する)」「Web会議(共同作業)」を基本機能として搭載。これまで個別に導入して、なかなか連携できなかったこれらの機能を、相互に連携・統合した。これによってムダな連絡をなくして社内のやり取りを円滑にしたり、的確な情報伝達による意志決定の効率化などを実現する。

 また、機能を利用するにあたり、顧客側に設置するハード機器はサーバー1台だけですむため、導入時の顧客負担を軽減できる。さらに、拡張性も高く、IPフォンや本格的なビデオ会議を導入する際にも相互に連携させることができるため、総合的なUC環境構築を段階的に実現することも可能となっている。

 UCに必要なネットワークインフラ・回線は、大塚商会の「たよれーる」の月額サービスで提供。ファイアウォール、無線LAN、リモートアクセスの仕組みといったネットワークインフラに加え、拠点間通信用の回線やモバイル回線・端末を顧客の要望・環境に合わせて提供していく。導入後のサポートもハードウェア、回線などすべて大塚商会が窓口となるので、運用・管理面でも安心して利用できる。

 大塚商会は、UCを専門に扱う部署を7月に新設。同ソリューションを足がかりに、今後1年間で選抜した営業にセールストレーニングを行うとともに、UC技術者を育成し、国内最大規模の販売体制、サポート体制を構築していく方針。同部署を中心に各種UC製品のプロモーションおよび販売、導入支援、環境構築、保守運用サポートを提供していく。

 今後、大塚商会とシスコは共同でプロモーションなどを実施し、企業のコミュニケーションの課題に対して、早期の解決と安全、安心な導入を支援していく。

 税別価格は、100ユーザー利用の場合300万円から。両社は、初年度で受注額3億円を目標としている。