GMOクラウド(青山満社長)は、1月28日、新しいクラウド基盤を採用した「GMOクラウドPublic 次期サービス(仮称)β版」を開始した。当初は200社限定で無償提供する。β版では、小・中規模のシステム開発・SIerを対象とした「Isolateシリーズ」を軸に、有償版の提供に向けて品質や使用感などの最終調整を行う。

 システム開発や運用経験のある中・上級者向けの新しいパブリッククラウドサービス。現行のパブリッククラウドサービスの「GMOクラウドPublic」と、プライベートクラウドの「GMOクラウドPrivate」の中間にあたる。

 唐澤稔取締役兼CTOによれば、「標準化と互換性、拡張性の三つのキーワードをコンセプトに設計した」という。新サービスの基盤部分には「Citrix CloudPlatform, powered by Apache CloudStack」を採用。業界標準の技術を採り入れることで、他社システムとの互換性や将来の拡張性を重視している。

「GMOクラウドPublic 次期サービス Isolateシリーズ」の位置づけ

 まずβ版として提供し、ユーザーから品質や使用感のフィードバックを得て改修。3月をめどに正式版をリリースする予定。正式版では、最小構成で1700円からの提供を想定している。(安藤章司)