ソフト開発のスマイルワークス(坂本恒之社長)は、自社のSaaS型統合業務システムサービス「ClearWorks(クリアワークス)」のITインフラの一部にGMOクラウドのクラウドサービスを採用した。スマイルワークスのITインフラ選定は明確で、「コスト競争力のあるサービスのうち、応答速度などを実際に測定してスピードが速い順に採用する」(坂本社長)というものだ。GMOクラウドのサービスは、実測の結果、上位に入ったことから採用を決めた。