京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、広告配信プラットフォーム「デクワス.DSP」で、マイクロアド(渡辺健太郎社長)が提供する「MicroAd AdFunnel」のPC向け広告の配信を開始した。

 「デクワス.DSP」は、ユーザーの興味・関心に合わせて広告をパーソナライズする「レコメンドバナー広告」、潜在顧客を抽出し自社サイトへの訪問を促す「オーディエンス拡張」など、広告主のキャンペーン戦略に応じた広告配信を行う広告配信プラットフォーム(DSP)。

 今回、国内最大規模の広告枠在庫を保有する「MicroAd AdFunnel」との接続によって、接続済みのSSP、Ad Exchangeを含めて、合計で月間約1160億インプレッションの広告枠買いつけができるようになった。また、「MicroAd AdFunnel」がもつ広告枠への配信を通じて、優良な顧客層への認知促進や購入の訴求効果向上を支援する。