NEC(遠藤信博社長)は、2月10日、主に自社グループ向けに人事・総務・調達・販促などの共通業務に関するサービスを提供している子会社4社を再編し、4月1日付で新会社を発足すると発表した。

 具体的には、人事・総務サービスを提供するNECプロサポート(川田浩社長)、調達サービスを提供するNECパーチェシングサービス(田村裕二社長)、販促・開発支援サービスを提供するNECデザイン&プロモーション(山田幹雄社長)、研修サービスを提供するNECラーニング(萩原卓社長)の4社を合併。新会社として「NECマネジメントパートナー」を発足する。

 新会社の従業員は約1400人で、NECグループの共通業務に関するサービスを一元提供する。また、各社が強みをもつ業務可視化やオフショア・コールセンター活用などのコスト削減に関するノウハウを統合し、業務プロセスの最適化を進めることで、高品質で効率のよいサービスを提供する。

 なお、現在、各社がNECグループ外の企業に提供している各種サービスは、新会社の発足後も継続して提供する。