需要の落ち込みが激しいパソコン市場で成長し続ける──。6月28日付で、レノボとNECの合弁会社であるLenovo NEC Holdings B.V.の社長に就任し、さらに100%子会社であるレノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータの社長も務めるようになったロードリック・ラピン氏は、タブレットを柱とする「PC+(ピーシープラス)」の市場開拓に勝負をかける。トリプル(3社)の会社を率いることになったラピン社長に、経営体制一新の狙いや今後のビジネス戦略についてたずねた。