NECは、国内のソフトウェア開発子会社7社を再編し、2014年4月1日付で新会社を発足させる。再編対象は、NECソフト、NECシステムテクノロジー、北海道日本電気ソフトウェア、NECソフトウェア東北、北陸日本電気ソフトウェア、中部日本電気ソフトウェア、九州日本電気ソフトウェア。これまで分散していたSE(システムエンジニア)・技術・ノウハウなどの経営資源を集約し、社会インフラ分野などの成長領域への対応を強化する。

 新会社は、従業員約1万2000名を有する国内有数規模のシステム開発会社になる見込み。NECは、新会社を社会ソリューション事業を軸とした成長戦略の実現を担う中核ソフトウェア会社として位置づける。新会社の商号、代表者は未定。(安藤章司)

再編するソフトウェア子会社