日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、2月17日、ヤマハフットボールクラブ(高比良慶朗社長)から、同社が運営するJリーグ・ジュビロ磐田のサポーターズクラブの活性化を図るため、クラウドサービス「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」を受注したと発表した。新システムは、3月1日に稼働を開始する。

 ジュビロ磐田は、1992年にサポーターズクラブの会員募集を開始し、93年4月に正式発足。チケットやグッズの割引販売を中心にサービスを提供してきた。しかし、スタジアムへの来場者数が伸び悩むなど、その活性化が課題となっていた。そこで、日立ソリューションズは、プロ野球・ヤクルト球団が導入して効果を上げた実績をもつ「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」を提案し、受注に至った。

 「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」は、プロモーションから会員管理、ポイント管理、データ分析まで、ファンビジネスを支援する機能をトータルにクラウドで提供し、O2O(Online to Offline)マーケティングを実現する。ジュビロ磐田は、約2万人のサポーターズクラブの会員向け専用サイトを構築。応援する選手の情報や購入履歴、観戦履歴、ゲームなど、サポーター向けの情報を「マイページ」で提供する。また、ポイントサービスを導入し、獲得したポイントに応じて特典やプレゼントを提供する。