日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、タブレット端末を活用して営業の効率化を図るマーケティング支援ソリューション「Interactive-Proサービス」のWindows 8対応最新版を、1月24日から提供する。

 日立ソリューションズは、2012年4月にインタラクティブソリューションズ(関根潔代表取締役)のソフトウェア「Interactive-Pro」をクラウドサービスとして提供。今回、企業での業務利用が進むタブレット端末への対応を強化するために、従来の「Interactive-Proサービス」のiPad対応版に加え、Windows 8対応版を提供する。

 最新版では、新たにセールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)のCRM(顧客管理)システム「Salesforce」と連携するタブレット端末用の営業日報入力テンプレートや、クリックテック・ジャパン(村上智社長)のビジネスインテリジェンスソフトウェア「QlikView」と連携した営業資料の閲覧ログ分析テンプレートの導入サービスも提供する。これによって、営業スタッフはWindows 8搭載のタブレット端末からサービスを利用することができるようになる。また、管理者は営業資料の詳細な利用状況やスタッフの活動傾向を把握でき、営業資料の改善や組織の統制に生かすことができる。

 価格は、月額利用サービスが52万5000円(50人)から。初期導入サービスとコンテンツ設計コンサルティングが個別見積もり、トレーニングサービス(CMS)が9万4500円、トレーニングサービス(タブレット)が9万4500円、コンテンツ登録サービスが個別見積もり、安定稼働支援サービスが30万2400円(10インシデント)から、Salesforce向け活動入力テンプレートが10万5000円から、ログ分析テンプレート導入サービスが個別見積もり。

 日立ソリューションズは、今後、地図サービスとの連携など、「Interactive-Proサービス」の機能を拡張。また、営業活動やフィールド業務、オフィス業務の効率向上からセキュリティの確保まで、企業のタブレット端末やスマートフォンの活用を支援するソリューションを幅広く提供する。