日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、3月7日、オリックス野球クラブ(西名弘明社長)が運営するプロ野球のオリックス・バファローズが、クラウドサービス「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」を導入したと発表した。2012年11月に稼働を開始し、ファンクラブの会員数が順調に増加するなどの効果が出ている。

 オリックス・バファローズは、これまでファンクラブの会員の属性などの基本情報をデータベース(DB)で管理し、季節性や過去の経験をもとにイベントやキャンペーンを企画していた。しかし、ファンクラブの活性化のためには定量的なデータにもとづいた企画の立案が必須と考え、日立ソリューションズの「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」を導入した。

 「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」は、プロモーションから会員管理、ポイント管理、データ分析まで、ファンビジネスを支援する機能をクラウドで提供し、O2O(オンライン・トゥ・オフライン)マーケティングを実現する。オリックス・バファローズは、およそ3万人のファンクラブ会員のチケットやグッズの購入、球場への来場などの行動をポイントサービスで定量化してデータを分析。それぞれに合ったサービスを提供するワン・トゥ・ワンマーケティングを実践している。

 オリックス・バファローズと日立ソリューションズは、新システムとグッズの販売管理システム、チケッティングシステム、ECシステムなどの外部システムを連携し、データを一括管理することで、会員の一連の行動を紐づけて定量化している。今後、データ分析にもとづいた会員の行動予測や、FacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用したマーケティングなどで、サービスの向上を目指す。