日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、3月4日、日立ソリューションズ東日本(森悦郎社長)、米Hitachi Solutions Americaとともに、北米市場を対象に、ERP製品「Microsoft Dynamics AX」上で動作する組立て加工製造業向けテンプレート「SYN//AX」を、6月1日から提供すると発表した。

 日立ソリューションズグループは、Hitachi Solutions Americaに置いたMicrosoft Dynamics事業の中核となる「Global Center of Excellence」の下、欧米と日本、中国、インドの拠点が定期的に案件や技術情報を共有して人的交流を図ることで、コンサルティングからシステム構築、運用・保守サービスまでを世界均一の品質でグローバルに提供してきた。

 「SYN//AX」は、日立ソリューションズ東日本の生産計画システム「SynPIX」をもとに、北米市場向けに開発した「Microsoft Dynamics AX」上で動作する組立て加工製造業向けテンプレート。日立ソリューションズ東日本が培った製造業の業務知識やノウハウと、Hitachi Solutions Americaの「Microsoft Dynamics AX」のノウハウを集結し、必要な機能を絞り込んでいる。

 「Microsoft Dynamics AX」の生産管理データを可視化することで、効率的な生産計画の立案から問題が起こっている工程の把握、部材調達の遅れなどから起こりうる問題のシミュレーションなどができる。