OSK(宇佐美愼治社長)は、統合業務パッケージの最新版「SMILE BS 2nd Edition Rel.3」と「SMILEes 2nd Edition」を5月20日に発売する。

 「SMILEシリーズ」は、これまで多くの機能強化を繰り返し、幅広い顧客のニーズに応えてきた。最新版も、利便性の高い機能を搭載しながらユーザビリティを高めた。

 「販売」は、外貨の入力と実績管理ができるようになり、海外との取引業務を支援する。「会計」の資産管理は、法人税に準拠した償却費計算とは別に、IFRS(国際財務報告基準)など、複数の会計基準での償却ができ、企業の開示資料に合わせて選択することができる。「人事給与」は、e-TaxやeLTAXの電子申告・納税システムに対応。電子データ提出義務化への対応と、申請・申告業務の効率化を推進する。

 このほか、シリーズ共通で、業務連携機能の強化、よりわかりやすいメッセージ表示とドリルダウン機能、ユーザーの運用負荷を軽減する機能の強化など、顧客からの要望をもとに、さらに使いやすく、利便性の高い機能強化を実施した。

 税別価格は、「SMILE BS 2nd Edition Rel.3」の「販売」がベースモデル20万円から、「会計」がベースモデル25万円から、「人事給与」がベースモデル25万円から、「SMILEes 2nd Edition」の「基準情報」が10クライアント付500万円から、「販売」が500万円、「会計」が250万円、「人事給与」が250万円。