東芝ソリューション(河井信三社長)は、4月15日、フィルムや不織布などのシート製品製造業向けに「ウェブ外観検査装置M9100 自動感度設定機能搭載版」を発売した。

 「ウェブ外観検査装置M9100」は、CCDセンサカメラと照明を使用して、フィルムや不織布、非鉄製品などのシート上に発生する欠陥検査を行うシステム。従来製品の「M9100シリーズ」に、製品の幅方向に対して最大64分割した個別感度の自動設定ができる「自動感度設定機能」を搭載することで、製造ラインでの表面状態の変動への追従精度が大幅に向上した。製品の良品ばらつきに自動で対応することで製品歩留まりを向上させ、検査精度の向上と製品品質の安定性を確保することができる。

 「M9100」の標準仕様である「自動調光機能」「自動露光制御機能」と「自動感度設定機能」を組み合わせることで、初期パラメータ設定時間を従来の10分の1程度に短縮し、多品種少量生産のラインでの生産効率を向上させる。

 「自動感度設定機能」を搭載した最小構成税別価格は1200万円から。東芝ソリューションは、今後3年間で100台の販売を見込んでいる。なお、すでに「M9100」を導入している顧客は、オプションとして追加することもできる。